GoProで動画撮影した後どうしてる?超簡単に動画編集する方法!

解説

GoProはアクティブスポーツの動画撮影を目的とした、小型軽量デジタルビデオカメラです。手のひらに収まるくらいのサイズ感で、アクセサリーと組み合わせて様々な場所に取りつけることができるのも大きな特徴です。

撮影方法やアクセサリーに注目がいくGoProですが、実は撮影した動画や写真を自由に組み合わせてオリジナル動画を超簡単に編集することができる機能もあるのです。今回は撮影からオリジナルの動画編集、そしてSNSでシェアする方法までを紹介します。

GoProで簡単動画編集
実際に編集した動画がこちら

流れは以下の4ステップ。

  1. 短めの動画を撮影しておく
  2. 公式アプリを使って動画をスマホにダウンロード
  3. 動画を選んで、編集パターンと音楽を選択(これだけで動画が完成!)
  4. 編集した動画をSNSで公開

たったこれだけのステップで完了なのです。

まずは動画撮影!

動画撮影でオススメしたいのは、20秒〜60秒くらいの動画を撮影しておくことです。
もちろん、GoProの醍醐味の1つとして長時間のアクション動画を撮影できることなので、そういった動画も是非撮影しておくべきですが、超高画質な動画を撮影できるGoPro、動画の容量も非常に大きくなるため、長時間の動画はスマホへのダウンロードに時間がかかってしまいます
サクッと動画編集するため用の動画として、あらかじめ短めの動画もいくつか撮影しておくことをオススメします。

アプリをインストールし、スマホに動画をダウンロード!

公式アプリをインストールしてGoPro本体とペアリングする

まずは公式サイトよりGoProアプリをダウンロードしてください。
GoProは動画編集用アプリSpliceも公開していますが、今回はメインのGoProアプリを使って動画編集を行います。
※以前はQuikという編集アプリもありましたが、2019年7月30日にアップデートされ、GoProアプリにQuikの機能が統合されました

▼アプリ入手はここから▼
GoPro公式サイト

アプリを入手後、以下の手順に従ってGoPro本体とアプリをペアリング、GoProで撮影した動画や写真をあなのスマホにダウンロードしてください。ペアリングの方法は公式サイトを見て確認してください。少し面倒ですが、最初に設定すれば以降は不要になります

撮影した動画をアプリにダウンロード

ペアリングしたGoPro本体より、動画編集に使う動画だけアプリにダウンロードしましょう。

  1. GoProアプリを起動
  2. メニューバーの1番左下にあるGoProのアイコンをタップ
  3. 「メディアを表示」をタップ
  4. 画面右上の選択アイコンをタップ
  5. 保存した写真・動画を選択して保存アイコンをタップすると好きな写真だけがアプリに保存される

ここまでで、動画編集の準備は完了です。あと動画編集を行うだけ!

動画を編集!素材動画と編集パターンと音楽を選択するだけ!

それでは具体的なオリジナル動画の編集ですが、驚くほど簡単です。

  1. メニューバーの左下2番目にあるリストのアイコンをタップ
  2. クラッパーボードのアイコンボタンをタップ
  3. さきほどダウンロードしたGoPro動画を選択し、チェックのアイコンをタップ

なんと、この時点で動画が出来上がっています。
アプリが自動的に動画クリップの最適な瞬間を分析・抽出し、トランジションとエフェクトを加え、音楽のビートとシンクさせた映像を編集してくれるのです。

もちろんこれだと自分の使いたいシーンや思ったイメージに沿わないことがあると思います。ここからさらに自分好みに動画を編集していきます。

トランジションとエフェクトのパターンを選択

トランジションとエフェクトを編集する場合は、左2番目のエフェクトアイコンをタップしてください。

編集パターンは9つ用意されており、動画の雰囲気にあったものを自分で選んでください。

リアルタイムで反映されるので確認しながら選べるのも嬉しいですね。

※エフェクトを編集することもできるようですので、興味ある人はチャレンジしてみてください(筆者はそこまでやりませんでした笑)

音楽を選択

音楽ももちろん編集できます。

中央のミュージックアイコンをタップすると選択画面になります。

デフォルトでいくつか用意されていますが、他にもGOPROミュージックとして数十曲の音楽が提供されているので自分好みの曲を探してみてください。

もちろんスマホに入っているマイミュージックからも選択できますが、その際には著作権には注意してください

動画の長さ・画面サイズを選択

動画の長さ、画面サイズも編集できます。

動画の長さは、
・Instagramに最適
・音楽に合わせる(短め)
・おすすめ
・音楽に合わせる(長め)
が用意されてます。Instagramに最適な長さが用意されているのが嬉しいですね。
画面サイズは16:9、1:1、9:16、4:3から選べます。好みのものをどうぞ!

好みのシーンを選んだり、動画速度を変えたり、文字を入れたり…

1つ前のステップまでで十分カッコいい動画が出来上がっていると思いますが、さらに自分好みに編集していきたいという人のための機能をご紹介します。

編集したい動画を選択してペンのアイコンをタップしてください。
そうするとその動画に対して色々な編集を加えることができます。

オススメの編集

HiLight
動画の中からどのシーンを抽出するかを自分で選ぶことができる機能です。
デフォルトでは自動で選ばれていますが、やはり動画にしたいシーンは自分で選びたいですよね。

速度
スローモーションや早送りの効果を動画に加えることができます。
動きが激しいシーンにスローモーションを加えたり、長い動画に早送りを加えることで動画に躍動感を出すことができます

他にもこんな編集が

フレーム
動画に角度をつけたり、左右上下反転したりすることができます。
もし動画を傾いたまま撮影してしまってもここで補正することができます。

トリミング
動画の長さを調整することができます。長めに撮影した動画などの場合は、余計な部分をカットすることで、見せたい部分のみを映像素材として使用することができます。

フィルター
動画にカラーエフェクトを追加することができます。

ボリューム
音声ミュートの場合はオフ、BGMを交ぜる場合はミックス、音声を強調させ音量を上げる場合はブーストを選択します。

テキスト
好きな場面にタイトルやキャプションなどの文字を入れることができます。

アプリからSNSに直接投稿!

編集した動画はGoProアプリから簡単にSNSにシェアすることができます。

  1. メニューバーの左下2番目にあるリストのアイコンをタップ
  2. さきほど編集した動画をタップ
  3. 右上にある上矢印のついたアイコンをタップし、「シェア」を選択
  4. Instagram、facebook,YouTube のどれかを選択し、投稿する

これだけでさきほど編集したカッコいい動画をシェアすることができます。

こんな感じで皆さん編集して投稿しているみたいですね(編集かなりこだわっている!)
是非みなさんも作った動画を投稿してみてください!

まとめ

今回はGoProとアプリを使って簡単にイケてる動画を編集・シェアする方法を紹介しました。
GoProで撮影した動画をがっつり自分で編集するのも楽しいですが、こうやってお手軽に動画を編集してSNSでシェアするのも1つのGoProの楽しみ方です。
少し慣れれば10分ほどで動画を編集することができます。是非みなさんも美しい風景や躍動感あふれる動画を友達に共有して楽しみましょう!

タイトルとURLをコピーしました