もう迷わない!GoProでの撮影におすすめのmicroSD決定版

microsd 製品比較

GoProを買ったら映像を記録するmicroSDも合わせて買わなければいけません。
様々なメーカーがmicroSDを出しており、容量もスペックも値段も異なります。
「どれを買えばいんだ」と悩まれる方は多いんじゃないでしょうか?

今回はそんな方にGoProHERO7で動画撮影する場合におすすめのmicroSDを紹介します。

ズバリ!おすすめmicroSD2選

品質面で安心のSanDisk Extremeシリーズ

まず、おすすめするのは安心のSandiskが販売するSanDiskExtremeシリーズです。

SanDiskExtreme64gb
容量64GB
読取り速度最大 90MB/秒
書込み速度最大 60MB/秒
スピードクラスC10, U3, V30
カードタイプmicroSDXC
価格(9/29時点)価格.com最安値:1,238
Amazon:1,618円

公式の書込み速度は60MB/秒で、Amazonカスタマーレビューに投稿されているベンチマークを見ると、60〜70MB/秒出ている方もいるようです。
この速度が出れば4K60FPSの高解像度動画も安心して撮影できるでしょう。

Amazon

コスパで選ぶならSamsungEVOplusシリーズ

公式で動作保証されていながらコスパのいいSamsungEVOplusシリーズ

SamsungEVOplus64gb
容量64GB
読取り速度最大 100MB/秒
書込み速度最大 60MB/秒
スピードクラスC10, U3
カードタイプmicroSDXC
価格(9/29時点)価格.com最安値:1,180円
Amazon:1,599円

ビデオスピードクラスはありませんが、SanDisk同等の性能のようです。
こちらも書込み性能が公式で60MB/秒と、4K60FPS動画撮影で十分な性能を発揮してくれる一枚となっております。

Amazon

microSDのスペックの見方

カードタイプ

SDカードは容量の違いで規格が異なります。

SD128MB〜2GB
SDHC(High Capacity)4GB〜32GB
SDXC(Extended Capacity)64GB〜2TB

現在はほとんどのSDカードがSDHCかSDXCです。

ただし、GoPro5/6/7は128GBまでしか対応していないため、256GB以上のカードは使えませんのでご注意ください。

スピードクラス

SDカードは最低限保証する転送速度(読み書き速度)によってスピードクラスを定義しており、スピードクラス,UHSスピードクラス,ビデオスピードクラスの3種類があります。それぞれどのような規格か見ていきましょう。

スピードクラス

一番最初に定義された規格で、それぞれClass2,4,6,10の4種類があります。

class10
クラス最低保証速度
Class22MB/s
Class44MB/s
Class66MB/s
Class1010MB/s

GoProで撮影するなら最低でもClass10以上は必要です。

UHSスピードクラス

UHSスピードクラスは13の2種類があります。
スピードクラスとは別にバスインターフェイスの違いでUHS-Ⅰ/Ⅱ/Ⅲがありますが、
今回はバスインターフェイスについての説明は割愛します。

u3
クラス最低保証速度
U110MB/s
U330MB/s

ビデオスピードクラス

動画撮影のためのスピードクラスとして新しくビデオスピードクラスが定義されました。
これまでは30MB/sまでのスピードしかなかったのが、最大で90MB/sまで規格化されています。

v90
クラス最低保証速度
V66MB/s
V1010MB/s
V3030MB/s
V6060MB/s
V9090MB/s

どういうメーカーを選べばいいの?

SDカードはカタログスペックだけでは現れない品質があります。
格安の海外製microSDは転送速度にばらつきがあるどころか、数ヶ月で壊れてしまいデータが取り出せなくなったなどの報告があります。

せっかく撮った動画が消えてしまったらショックですよね。
写真や動画撮影で使うSDカードはぜひ信頼のあるメーカーの物を選びましょう。

メーカー

おすすめはSanDiskです。少し高くなりますが、日本メーカーも信頼感は高いでしょう。

容量は何GBあればいいの?

microSDを買う上で悩ましいのが容量です。容量は大きくなれば大きくなるほど高くなります。
GoProで動画撮影するなら何GBあればいいのでしょう。

GoPro HERO7 Blackで撮影できる最高画質の4K60FPSの場合、64GBで約1時間37分撮影できます。1時間半と聞くと短いように思いますが、旅行などで使う場合、2日程度なら問題なく撮影できます。

また、4K60FPSで撮影せずともFullHD(1080-60fps)なら約4時間22分も撮影できます。FullHD(1080-60fps)で撮影をする前提として旅行日程と容量の目安は下記です。

日数必要容量(目安)
2泊3日32GB〜64GB
4泊5日64GB〜128GB
6泊7日64GBx2枚〜3枚
128GBx1枚〜2枚

上記はあくまで目安です。長時間連続撮影する場合は多めのSDカードを用意するといいでしょう。

また、microSDは大容量の物を1枚用意するより、小さめの容量のものを複数持っていくことをおすすめします。
microSDは突然読み書きができなくなる可能性があります。全ての映像を1枚に集約するとエラーが起きた際に全ての映像が消えてしまいます。
また、旅行途中で壊れてしまっても、複数枚持っていれば後続の日程は別のmicroSDで撮影できます。microSDは壊れる可能性がある前提でリスク分散するといいでしょう。

まとめ

多くのメーカーが様々なクラスのmicroSDを出しており、多くの人がどれを選べばいいか迷うかと思います。GoProで撮影する場合は性能要求が高く、安価なノーブランドのmicroSDだとトラブルの原因になります。逆に高性能すぎてもかなり高くなってしまいます。

信頼のあるブランドで、用途に合わせて容量を選択するといいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました