GoProで海外旅行行く人におすすめのアクセサリー4選!

アイキャッチ 製品レビュー

海外旅行の思い出を残すならGoProが断然おすすめ!!

  • コンパクトに持ち運べる
  • 広角レンズで臨場感ある撮影が可能
  • 空でも水中でもあらゆるシーンでの撮影が可能

GoProはとにかく環境や状況を選ばず、あらゆるシーンでの撮影が可能です。
旅の思い出を余すところなく記録してくれることでしょう。

しかし、そんなGoProも本体だけではその力を発揮できず、
様々なアクセサリーを活用することで100%の力を発揮します。

数多くのアクセサリーの中から何を海外旅行に持っていけばいいか非常に悩ましいと思います。
そこで今回は、海外旅行に行く人におすすめのアクセサリー4選を紹介します!

おすすめアクセサリー4選

海外旅行にもっていくならこの4つ!

  • 伸縮自撮り棒
  • フローティンググリップ
  • クリップマウント
  • 防水ハウジング

海外旅行は荷物が多く、できるだけ持っていくアクセサリーは少なくしたいですよね。
上記4種類のアクセサリーがあれば、海外旅行のほとんどのシーンで撮影が可能です。
もし、シュノーケリングやダイビングなど水中撮影を行う予定がない場合は
伸縮自撮り棒クリップマウントだけで大丈夫です。

利用シーン

街並み撮影

NEW YORK CITY | Cinematic Travel Video | only Gopro 7 black

自撮り棒やクリップマウントを使い、自分が見たシーンを残していきましょう!
GoProHero7ではブレずにコマ撮り動画が撮影できるTimeWarp機能があり、
街歩きなどのシーンもだらだらせず短時間の動画に収めることができます。

パラセーリングなどのアクティビティ

GOPRO Parasailing

空でも活躍!こんなシーンを撮れるのはGoProだけ!
ストラップをしっかりつければ落とす心配はありません。
さらに最新のGoProは防水なので水に濡れる心配もいりません。

水中撮影

Diving Yucatan – GoPro – Mexico

そしてなんといっても水中撮影!
最新のGoProHERO7は本体が10m防水なので、ハウジングなしでもシュノーケリング程度なら全く問題なし。

本格的なダイビングで10m以上潜る場合はハウジングをつけて潜りましょう。

各アクセサリー解説

伸縮自撮り棒

Gopro自撮り棒

もっともベーシックなアクセサリーである自撮り棒
街歩きや自撮りをする際にも役に立ちます。

伸縮性があるものであれば高い位置からの撮影や、自撮りをする際の距離感の調整も楽々!
旅行には必ず持って行った方がいいアクセサリーです。

フローティンググリップ

goproフローティンググリップ
goproフローティンググリップ

GoProを使った水中撮影で心配なのが、万が一手を離してしまった場合にカメラが沈んでしまうことです。深さによっては回収できなくなる場合もあり、不安を抱えながら撮影するとせっかくの綺麗な海を楽しめません。

そこで水中撮影におすすめなのがフローティンググリップです。

フローティンググリップは一見普通の自撮り棒ですが、中空構造で浮くようになっているので、万が一手を離してしまっても沈むことはありません。

クリップマウント

goproクリップ
goproクリップマウント

海外旅行では移動も楽しみの一つです!移動中も思い出としてしっかり残したいですよね。

そんな時はクリップマウントにGoProをつけて手放しで動画やTimeWarpなどで撮影しましょう。
クリップマウントはバックパックのショルダー部分につけられるマウントアクセサリーで、
飛行機の乗り継ぎや電車移動などで手が離せない場合などに活躍します。

移動中の映像は後から動画編集をする時のイントロやエンディングで活躍します。

防水ハウジング

goproハウジング

GoProといえば防水ハウジングに入ったこの姿をイメージする人も多いでしょう。
GoProHERO4以前は本体に防水機能がなかったため、水に濡れる環境では必ず防水ハウジングが必要でした。

しかし、GoProHERO5以降は本体だけで10mの防水機能がつくため、滝や川、海でのシュノーケリングなどではハウジングなしでも問題ありません。

しかし、10mを超えるダイビングや本体が傷つく恐れがある過酷な環境でのアクティビティなどではやはりハウジングに入れることをおすすめします。

しかし、ハウジングのデメリットもあります。

ハウジングに入れた場合、タッチパネルでの操作ができません。
モードの切り替えや撮影の開始終了は問題ないのですが、設定変更は事前に行っておく必要があります。
また、密閉性の高いケースに入れるため、音が非常に悪くなります。

GoPro本体を守ってくれるため安心感はありますが
デメリットもあり、利用シーンを選びます。

まとめ

おすすめアクセサリー4選いかがでしょう。

実際に海外旅行で使って便利だった物を厳選して紹介しました。
海外旅行にはあまり多くの荷物は持っていけないので、どのような旅行かに合わせて必要なアクセサリーを揃えましょう。

タイトルとURLをコピーしました